土地のこと
接道義務
【せつどうぎむ】

接道義務とは、都市計画区域においての敷地に建物を建てる場合に「建物の敷地が、幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければならない」ことをいいます。
この義務に反する土地には、原則として、建物を建てることができません。
ただし、都市計画区域外の地域についてはこれに該当しません。また、周囲に広い空地があるなど、特定行政庁の許可を得ることができれば、例外的に接道義務を免れることができます。

位置指定道路
【いちしていどうろ】

道路の種類には公道と私道があります。
位置指定道路は、幅員(道路の幅のこと)4m以上の私道で特定行政庁からその位置の指定を受け、建築基準法上の道路として認められたものをいいます。
建築基準法では都市計画区域においての敷地に建物を建てる場合、その敷地が「建築基準法上の道路」に2m以上接していなければならないとする接道義務があります。

都市計画区域
【としけいかくくいき】

都市計画区域とは、都道府県知事が指定し、原則として市または町村の中心部を含み、一体的に整備・開発・保全する必要がある区域のことです。

都市計画区域に指定されると、必要に応じた区域区分、さまざまな都市計画の決定、都市施設の整備事業や市街地開発事業が施行され、一定以上の規模の土地については、開発許可制度が施行されるため、自由な土地造成等が制限されます。都市計画区域の区域区分には、既に市街地を形成しているか、または概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき「市街化区域」、市街化を抑制すべき「市街化調整区域」、どちらにも定められていない「非線引き区域」があります。