売却希望の方へ

相談タイトル

シニアメンバーズライフでは主に関西・近畿圏の田舎暮らし不動産を取り扱っています。
具体的には田舎の中古別荘、ログハウス、古民家、農家、別荘の土地、山林などの売買を行っております。
もし田舎の不動産をお持ちで、処分をお考えでしたら、当社がお客様の売却活動を全力でサポートさせていただきます。
売却のご依頼や広告宣伝に関しての費用は一切かかりませんので、お気軽にご相談下さい。

物件の無料査定はこちら

ご売却の流れ

ご売却の流れについては以下の通りとなります。

ご売却の流れ

1.ご相談

まずはお客さまのご要望・お悩みをお聞かせください。お客さまがご売却を考えられる動機や目的によって、ご売却方法・ご提案内容が変わります。
ご相談の内容によっては、売却することが最善ではない場合や、他の有効活用方法をご提案できる場合もございます。

2.調査・査定

対象不動産を最もよく理解されているのは売主さま(所有者さま)です。まずはじっくりとお話しをお聞かせください。
また対象不動産に関する書類(地積測量図や建築図面、物件の写真など)のご用意をお願いします。
それらの情報を元に、周辺環境や売買事例などを踏まえ、実際に売り出しを行った場合に売却可能だと予想される金額を算出します。

3.価格決定

販売価格は売主さまご自身で決めることができます。
できるだけ高く売りたいというのは誰もが思うことですが、相場を無視した高値で市場に出したとしても、思うように買い手がつかない可能性が高くなってしまいます。
そこで当社の査定額を目安として、ご自身の売却希望額と比較検討した上で価格決定していただきます。

4.媒介契約

売却を決断されたら不動産会社との間に『媒介契約』を結びます。媒介契約によって正式に売却の依頼をしたことになります。
この媒介契約には3種類あり、それぞれの特徴をご理解いただいた上で、お客様にお選びいただきます。
媒介契約とは?

5.販売活動

買主を見つけるためにさまざまな売却活動を行います。不動産流通機構レインズへの登録や新聞折込チラシによる広告、ホームページに公開するなど多岐に渡ります。
そして購入希望者が現れたら現地を見学してもらうことになります。

6.経過報告

売却活動の経過を契約形態に基づいて依頼主様にご報告します。

7.売買契約

購入したいという人が現れた際、購入希望者が不動産業者と申し込み手続きをおこないます。
その際、提示している物件の引渡し日や希望購入価格、代金の支払い方法などの条件交渉がなされることがあります。
売主様と購入希望者様との間で、条件等の合意に至った場合、売買契約手続きを行います。
また、売買契約を締結後、売主様は買主様から手付金を受け取ります。

8.引き渡し

残代金の受領と物件の引渡しは同時に行われるため、引越しを事前に済ませておかなくてはなりません。
また、事前に融資を受けているローンの抹消書類やローン財務額の確認などの準備をあらかじめ行います。
残代金の受領と引き換えに買主様へ物件の引き渡しを行います。併せて、売主様は必要書類の交付を行い、買主様に対して玄関の鍵などを渡します。

費用について

売却にも資金・費用の準備が必要となります。
下記のようなものが費用としてかかります。

1.仲介手数料

売却が決定し、成約した場合にのみ、その取引額に応じて法律で定められた手数料が3%〜5%程度かかります。
※媒介契約を結んだが、成約できずに売却を断念するなどの場合、仲介手数料はかかりません。

2.印紙税

不動産の譲渡に関する契約書(不動産売買契約書)に必要です。

3.所得税、住民税

売却時の譲渡益に対し、課税されます。ただし、控除制度があります。

4.その他諸費用など

・ローンの抵当権抹消登記 ・ローンの事務手数料 ・司法書士への報酬 ・改装費用 ・引っ越し費用など

売却成功への近道

売却成功のためには、少しでも購入希望者によい印象を持ってもらうことが売却成功への近道となります。
購入希望者の立場になって、魅力的な物件に見せることを心がけましょう。

1.物件をキレイにしましょう

別荘などの物件は、利用しなくなってから長い間放置されているものも少なくありません。
見学してもらう場合は当然ですが、掃除したり、不要なものを処分するだけでも大きく見栄えが変わります。
当社では媒介契約締結後に物件の写真撮影を行い、インターネットやチラシ広告などに掲載します。
キレイな物件の写真を載せるだけでも反響に違いが出てきます。
どうしても出来ないという場合は、ハウスクリーニング業者にお願いするという方法もあります。

2.リフォームも視野に

ケースによっては、リフォームして売る方がよい条件で売れることもあります。
ただし、リフォーム内容は買主様の好みによってだいぶ異なりますので、傷んだ壁紙や襖、障子だけにするなど、必要な場所や予算を考えながら慎重に進めましょう。

物件の無料査定はこちら